作業療法士とリハビリテーション

sample リハビリテーションは、イメージとして病気やけがなどの治療後に行うもの、といったものが強いものです。治療や手術などを受けた場合、以前の健康状態にすぐに戻るものでもありません。そこでリハビリを行うことで、少しずつ回復させていくことになります。リハビリテーションでは、作業療法士が一緒に行います。リハビリをする中で、完全に元の状態に体を治していくことは難しいと言われていますが、できるだけ健康な時の状態へと近づけるために行っていきます。 最終的胃は完璧な状態に戻すのではなく、できるだけ元の状態に戻すことを行っていくものとなります。作業療法士と行うものは、リハビリを始めてから動作がある程度できるようになった状態から、日常生活を十分送れるように、さらに訓練していきます。この作業は、リハビリを受けている間そして退院後の生活をどこまで順調におこなっていけるのかを作業療法士が見極めながらその都度対応していきます。 運動機能はもちろん、言語や聴覚、視覚などさまざまな機能を回復させていくことが最大の目的となりますので、何らかの原因で機能が失われてしまったものを少しずつ時間をかけて生活ができるまで回復させてきます。リハビリテーションで行われるリハビリは、医師から指示された範囲で行っていきます。なかなか回復しない場合もありますが、その都度他の方法などを模索しながら毎回根気よく行っていく事がとても大切になります。



~外部リンク~
▽作業療法士の専門学校のサイトです。作業療法士とはどういった職業なのか、カリキュラムや、実際の在学生の声なども掲載がありますので、参考にしてみましょう >>> 作業療法士

メインメニュー